縁側のある家|設計事務所|大阪|関西|建築家|住宅
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋 大阪事務所 滋賀事務所
設計事務所アールタイプトップページ 作品集 設計の流れ・設計料
トップページ 作品集 設計の流れ・設計料
建築家プロフィール お問い合わせ 設計事務所ブログ
建築家プロフィール お問い合わせ 建築家ブログ
トップページ > 作品集 > 縁側が空間を繋ぐ平屋
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋

縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|デザインコンセプト
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|デザインコンセプト
ロケーションは、大阪府堺市浜寺。
かつては別荘地であった閑静な住宅街に位置する。
建主は、古くからこの敷地に暮らし、敷地南側に面した庭を大切に手入れしていた。
この庭を生かすように縁側を設け縁側を緩衝帯として空間を繋ぐ平屋が基本となる。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|ファサード
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|ファサード
リビングは、屋根勾配に合わせ吹き抜けており、頂部に屋根裏部屋を設ける。
全体のフォルムは、この空間を率直に表現し、
塀-平屋部-吹き抜け部の軸のずれた壁が重なり合い外観に奥行き感を出している。
外壁は、ダークグレーの左官仕上にベージュのスクラッチレンガタイルを合わせる。
全体のボリュームは、仕上げの選定などの要素の結果、
現れた建物の顔は、「和」と「モダン」な雰囲気を合わせ持つ表情となった。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋 |アプローチ
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|アプローチ
アプローチは、大判の白御影石と白レンガをL型に配置し、動きを与えると共に
道路側から直接玄関内部が見通せないように配慮している。
L型の余白にできた空間には、道路側から緩やかに土を盛り植栽を配し、
濃い目のグレーの外壁と緑を調和させ、和の雰囲気を演出する。
そこにオークの無垢材を使用した玄関扉や白レンガの塀といった洋の要素を合わせ、
異なる雰囲気を調和させる。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|縁側
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|縁側
敷地南側に面した庭を生かすように縁側を設ける。
幅を広くとった空間は、各部屋を繋ぐ緩衝帯として機能するだけでなく、
家族が各々に利用する多目的な空間となる。
心地の良い光の差し込む空間でお気に入りの椅子を置いて
日向ぼっこをするのは、日常の中のちょっとした贅沢となる。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|飾り棚
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|飾り棚
床は、ダークグレーに塗装された無垢のフローリング。
天井は、黒く塗装された杉板貼り。壁は、珪藻土で粗めの左官仕上げとし、
こげ茶色の格子戸を合わせている。
建具の高さを低めにし、重心を座の空間に調整している。
壁面をランダムに掘り込み飾り棚として利用する。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|リビング
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|リビング
縁側から奥へ抜けるようにリビングを設ける。
奥行きのある縁側から反射された光がリビングを包み込みやわらかな空間となる。
作り付けのキッチンカウンターと食器棚は、黒く染色され、
ミコノスブルーの壁とコーディネートされている。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|吹き抜け
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|吹き抜け
リビングは、吹き抜けており下部に大きな階段室を設け、上部は屋根裏部屋となる。
階段室の天井高さは、低めに調整され「座」の空間としてしつらえられている。
床は黒く染色し、壁と天井は白い珪藻土で仕上げる。
アクセントに壁一面をミコノスブルーに塗装して階段室と屋根裏部屋へと連続させる。
これらの部屋を仕切るアンティークガラス格子戸を開け放つと
一体感のある大きな空間となる。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|ヌック
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|ヌック
階段室を小さな一つの部屋としてしつらえ、ただ移動だけの空間にとどまらず、
ホビールーム、くつろぎの間など、心を豊かにするための多目的な部屋として
利用できるヌックをプランニングする。
床・壁・天井の仕上げは、ダークグレーに塗装し、天井の梁や2階の床構造を表しとし、
天井高さを低めにして、重心を「座」の空間に調整している。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|スリット階段
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|スリット階段
とても落ち着きのあるシックな空間に、 厚みのあるナラの集成材でできた
階段が浮かぶようにデザインしている。
一面をミコノスブルーに塗装された壁がリビングから連続し、蹴上・踏面を
ゆるやかに調整された階段は、自然と屋根裏部屋へと導く。
アクセントに鮮やかな色の家具や雑貨、フロアーライトを合わせることで、
よりオシャレな空間を演出できる。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|玄関
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|玄関
玄関は、くの字に折れ曲がった角部がゆるやかに曲線を描き、
玄関から縁側へと家族や訪れるお客様を導き入れるように計画している。
クルミ練付合板貼の下足箱とワードローブも動線に合わせて造り付ける。
又、下足箱の天板は飾り棚としても利用できる。
外壁側に設けられた縦長の窓から一条の光が差し込み空間をドラマチック演出する。
又、正面に設けられたスポットライトが夜間のライティングの
フォーカルポイントとなる。
仕上げは、床は、染色した無垢のフローリング、
壁は、外壁と同じダークグレーのジョリパット、
天井は、黒く塗装した杉板張りとし、共に薄暗いトーンでまとめる。
そこへ、うすベージュのレンガタイルの壁を貫入させることで
明るさのバランスをとる。
オレンジ色のオブジェがアクセントとなる。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|ワードローブ
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|ワードローブ
玄関にワードローブを設けコートや帽子、かばんなどを収納できるように計画する。
ワードローブのつまみにもこだわり、空間全体の雰囲気に調和するように、
アイアンの小ぶりなデザインを採用する。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|縦格子
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|縦格子
縁側に面して、主寝室と床の間を襖で仕切られた続き間として計画する。
季節や時間、利用の仕方により扉を開閉し明るさや広さを調整できる。
梁や筋交いといった構造材を表し、こげ茶色に染色しデザインのポイントとする。
梁の上に三角形のガラスをはめ込み、天井を視覚的に連続させることで、
空間に奥行きを出す。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|床の間
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|床の間
床の間の正面は、外壁から繋がるベージュのレンガタイルで仕上る。
床板は、なぐり加工の木板で仕上げる。
側面に設けた正方形の窓から光が差し込み、凹凸のある素材に深みを与える。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|地窓
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|地窓
北側に面した外壁面に地窓を設ける。
横長のデザインに十文字の桟を入れた障子をはめ、やわらく取り込まれた光は、
暗めの空間にコントラストを与える。
縁側に設けた掃き出し窓から北の窓へ風が通り抜けるように計画している。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|陰影のデザイン
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|陰影のデザイン
主寝室と床の間を仕切る襖は、こうぞ紙を使用。
引手はシンプルな切引手とする。
素材に光をあて陰影をデザインしている。
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|アンティークガラスの照明
縁側が空間を繋ぐ和モダンな平屋|アンティークガラスの照明
縁側と格子という「和」の手法を用いながら照明器具や
家具や置物などのアイテムで「モダン」な雰囲気を合わせ持つ。
アンティークガラスの照明から明りが洩れると
黒く塗装された杉板の天井や粗めの珪藻土で仕上げられた壁に
幻想的な陰影を与える。

R type 一級建築士事務所アールタイプ

大阪事務所 | 06-6567-5880
滋賀事務所 | 077-575-9835
mail hoho@rtype.jp
Copyright (c)
一級建築士事務所アールタイプ
All Rights Reserved.
| インフォーメーション
| よくあるご質問
| サンプル請求
| instaglam
| ツイッタ-
| facebook
| サイトマップ